LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NX中国/青島~大阪間でRORO船利用した混載輸送サービス開始

2022年07月19日/国際

NIPPON EXPRESSホールディングスのグループ会社、NX国際物流(中国)は7月19日、青島~大阪間で定期RORO船を利用した自社混載サービスを、6月11日出航分から販売開始したと発表した。

<青島~大阪間の定期RORO船を利用した混載輸送サービス>
20220719Nxtyugoku1 520x229 - NX中国/青島~大阪間でRORO船利用した混載輸送サービス開始

20220719Nxtyugoku2 520x221 - NX中国/青島~大阪間でRORO船利用した混載輸送サービス開始

今年1月の地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の発行により、日本・中国間の貿易が活発化し、越境EC(電子商取引)関連商材、生鮮食品、その他の消費財に対する需要が急増している。

こうしたなかNX中国は、中国・東辰航運(DCL)が運航する定期RORO船を利用して青島と大阪を3日間で結ぶ、スピードと定時性に優れた自社混載輸送サービスを開発。航空輸送より安価で、航空輸送並みのリードタイムを実現した。コンテナ貨物はもちろん、特殊サイズや長尺のバルク貨物の輸送にも利用できる。

NXグループは、今後も多様化する顧客の物流ニーズに応え、企業理念に掲げる「物流から新たな価値を創る」ことを目指すとしている。

■サービス概要と特長
頻度:週1便 (DCLの定期RORO船を利用)
リードタイム:青島港・大阪港間を3日間で輸送
※航空輸送で2日間、従来の海上輸送で6日間(同社手配時比較)
品質:NXグループによる発着一貫輸送体制により、安全かつ高品質な輸送サービスを提供
コストパフォーマンス:150kg以上で航空輸送費用の約4分の1

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース