LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

サントリー/トラック輸送にバイオ燃料、年内導入開始

2022年07月20日/3PL・物流企業

サントリーホールディングスは7月20日、国内でのトラックによる製品輸送の一部で、年内にリニューアブル燃料(再生可能資源由来の燃料)の導入を開始すると発表した。

<リニューアブル燃料の給油スタンド(東部ネットワーク 海老名営業所)>
20220720suntory 520x388 - サントリー/トラック輸送にバイオ燃料、年内導入開始

<実証実験で運行した鴻池運輸の大型トラック>
20220720suntory1 520x386 - サントリー/トラック輸送にバイオ燃料、年内導入開始

使用する燃料は、フィンランドのエネルギー企業であるネステ社が開発した「NESTE Renewable Diesel(NRD)」。

NRDは生物由来の非可食油を原料に精製された燃料で、石油由来の軽油を使用した際と比較し、CO2の排出量を約90%削減可能。また、既存の車両や給油関連施設をそのまま使用することができるため、今後国内での利用拡大が期待されている。

NRDの本格導入に先立ち、サントリーホールディングスはグループのサントリーロジスティクスや、取り組みに賛同する企業3社(伊藤忠商事、伊藤忠エネクス、鴻池運輸)と、6~7月にかけて関東圏の生産拠点・物流拠点間でNRDを使用したトラックの運行に関する実証実験を行っており、燃料の性能や運用課題の有無、持続性など検証の結果を踏まえて、配送ルートの一部で年内に本格運用を開始する予定。

サントリーグループは、2030年までの環境目標で、同年までに温室効果ガス排出量を自社拠点で50%削減、バリューチェーン全体で30%削減することを目指しており、今回の取り組みをきっかけに、環境負荷低減の取り組みをさらに加速させるとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース