LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎汽船/大型自動車運搬船がシップ・オブ・ザ・イヤー

2022年07月25日/3PL・物流企業

川崎汽船は7月25日、運航する液化天然ガス(LNG)を燃料とする7080台積み大型自動車運搬船“CENTURY HIGHWAY GREEN”が、日本船舶海洋工学会主催「シップ・オブ・ザ・イヤー2021」の大型貨物船部門賞を獲得したと発表した。

<CENTURY HIGHWAY GREEN>
20220725kline1 520x276 - 川崎汽船/大型自動車運搬船がシップ・オブ・ザ・イヤー

<左から3人目が川崎汽船の岩下常務執行役員>
20220725kline2 520x323 - 川崎汽船/大型自動車運搬船がシップ・オブ・ザ・イヤー

この船は従来の重油燃料の船に比べ、温室効果ガス(GHG)である二酸化炭素(CO2)の排出を25%~30%、大気汚染の原因となる硫黄酸化物(SOx)の排出をほぼ100%、LNG燃料の使用に加えEGR(Exhaust Gas Recirculation)を使用することにより窒素酸化物(NOx)の排出を80%~90%削減することが可能となった。

さらに、高圧型LNG焚き主機を国内造船所建造の自動車運搬船で初めて採用し、メタンスリップ(未燃ガスの排出)の軽減も実現した。また、船内高速通信インフラなどを構築したデジタルフラッグシップとして、遠隔検査にも適応し、同社が重要課題としている安全・環境・品質の向上を図った。「シップ・オブ・ザ・イヤー」では、最新の環境対応とデジタル技術を併せ持ち、外観デザインが優れた船として、評価された。

同社では、環境に関わる長期指針『“K”LINE 環境ビジョン 2050』を掲げ、この船の就航は2030年目標である「CO2排出効率50%改善」の達成にむけた重要なマイルストーンとなる。今後拡大が予想される環境対応を含めた顧客ニーズに柔軟かつ積極的に対応するとともに、『“K”LINE 環境ビジョン 2050』に基づき、事業活動を通じて環境保全を図りつつ、経済・社会の持続的な発展に貢献し、企業価値の向上に努めていくとしている。

なお「シップ・オブ・ザ・イヤー」は、その年に日本で建造された応募船の中から、技術的・芸術的・社会的に優れた船を選考して与えられるもので、1990年に創設され今年で32回目となる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース