LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱造船、川崎汽船等/船舶エンジンの排ガスからCO2回収実証

2022年07月25日/IT・機器

三菱造船は7月25日、川崎汽船ならびに日本海事協会と共同で実施した “CC-Ocean(Carbon Capture on the Ocean)”プロジェクトが、日本マリンエンジニアリング学会から「マリンエンジニアリング・オブ・ザ・イヤー(土光記念賞)2021」を受賞したと発表した。

実航海として洋上用CO2回収システムとしては世界で初めて排ガスからのCO2分離・回収に成功し、回収CO2純度99.9%以上と計画通りの性能を達成したことなどが高く評価された。表彰式は同月22日に東京都千代田区の海運クラブで行われた。

<表彰式の様子(右から3人目が三菱造船 北村社長)>
220725 520x356 - 三菱造船、川崎汽船等/船舶エンジンの排ガスからCO2回収実証

この賞は、舶用機関・機器および海洋機器、関連するマリンエンジニアリング分野の優れた技術を対象に、その先進性・重要性を広く国内外に公表し、関連の学術的産業的技術のさらなる発展を目的に贈呈されるもの。

受賞対象となった“CC-Ocean”プロジェクトは、洋上におけるCO2回収を目的とし、洋上用に転用した陸上プラント用のCO2回収装置を、川崎汽船が運航する東北電力向け石炭運搬船“CORONA UTILITY”に搭載し、洋上での実証試験を2021年8月から約6か月間実施。その結果、CO2回収量、CO2回収率、回収CO2純度いずれも計画通りの性能を達成し、陸上とは環境条件が異なる船上において船舶エンジンの排ガスからCO2を回収できることが実証された。

三菱重工グループが戦略的に取り組むエナジートランジション戦略の一翼を担う三菱造船は、目指す成長戦略「海洋Future Stream」で、再生可能エネルギーと炭素循環による「海の脱炭素化社会」、自律化・電化による「安心・安全な社会」を描き、海に関わるイノベーションの「知恵出し」とその「カタチ化」の実現を掲げている。

今後も同社は、海洋システムインテグレーターとして海事業界における脱炭素化を推進し、カーボンニュートラル実現に尽力するとともに、世界規模での環境負荷低減に貢献していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース