LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アスコット/仙台駅から6.6kmの物流施設、2023年春着工へ

2022年07月29日/物流施設

アスコットは7月29日、物流施設開発事業の第2号案件となる「アスコット・プライム・ロジスティクス仙台扇町(仮称) 」の用地について、取得を完了したと発表した。

同用地は最寄りのJR仙石線「福田町駅」から徒歩11分、国道4号仙台バイパス「苦竹IC」から1.5km、仙台東部道路「仙台港IC」から3.5km、「仙台駅」から6.6kmという立地で、面積は4100m2。

同地には地上4階建て延床面積8370m2の建屋を建設する計画で、2023年春の着工、2024年夏の竣工を予定している。

なお、アセットマネジメント業務とプロジェクトマネジメント業務は、三井物産リアルティ・マネジメントへ委託する。

<アスコットの物流施設ブランド「Apls」ロゴ>
20220729ascot 520x128 - アスコット/仙台駅から6.6kmの物流施設、2023年春着工へ

アスコットは2021年に物流施設開発事業へ参入。東京・大阪・名古屋・福岡・仙台などの大都市圏で「ラストワンマイル」の一端を担う中小規模の物流拠点「Apls(Ascot prime logistics )」を開発していく方針で、創業以来20年以上にわたるマンション開発で培った技術・デザインを生かし、住宅地や都市部に親和性のある先進的な物流倉庫を開発するとしている。

■「アスコット・プライム・ロジスティクス仙台扇町(仮称)」概要
所在地:仙台市宮城野区扇町5-10-17、18
交通:JR仙石線「福田町駅」徒歩11分、国道4号仙台バイパス「苦竹IC」1.5km、仙台東部道路「仙台港IC」3.5km、JR・地下鉄「仙台駅」6.6km
敷地面積:4109m2
延床面積:8370m2(予定)
構造・階数:鉄骨造・4階建て
用途:倉庫・事務所
着工:2023年春(予定)
竣工:2024年夏(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース