LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

郵船ロジスティクス/コールドチェーン物流サービス規格認証取得

2022年08月01日/3PL・物流企業

郵船ロジスティクスは8月1日、郵船ロジスティクスのマレーシア法人 TASCO BERHAD 傘下の TASCO YUSEN GOLD COLD SDN BHD(TYGC)が JSA-S1004 の第一号認証事業者として、7月28日に日本海事協会から認証されたと発表した。

近年、マレーシアをはじめとする東南アジア等の諸国において、経済の急成長に伴う食生活の多様化、消費者の食の安心・安全に対する意識の高まりにより、コールドチェーン物流サービスの需要が高まっている。

こうした環境を踏まえ、日本規格協会から2020年6月にコールドチェーン物流サービス規格JSA-S1004:2020(JSA-S1004)が発行された。東南アジアを中心とするアジア諸国において、JSA-S1004の普及が促進されることで、日本式の質の高いコールドチェーン物流サービスが適切に評価され、各国における高品質で環境にやさしいコールドチェーンの構築が期待されている。

<左:JSA-S1004 認証証書の授与、右:日本海事協会 山口執行役員事業開発本部長のスピーチ>
20220801yusenl1 520x165 - 郵船ロジスティクス/コールドチェーン物流サービス規格認証取得

<左:TYGC Group Chief Executive OfficerFreddie Lim 氏のスピーチ、右:郵船ロジスティクス 磯部執行役員、南アジア・オセアニア地域統括 兼
Yusen Logistics(SAO Region)Co., Ltd. 社長>
20220801yusenl2 520x163 - 郵船ロジスティクス/コールドチェーン物流サービス規格認証取得

7月28日のJSA-S1004 認証証書授与式では、国土交通省、在マレーシア日本国大使館、日本貿易振興機構 クアラルンプール事務所、マレーシア運輸省、マレーシア投資開発庁、両国の物流事業者及び食品メーカー等の同席のもと、日本海事協会 山口執行役員事業開発本部長からTYGC Executive Chairman Lee Check Poh氏へ証書が授与された。

郵船ロジスティクスは、JSA-S1004 認証を有するサプライチェーン・ロジスティクス企業として、マレーシア及び他の ASEAN 諸国等での食品物流事業をさらに発展させ、人々の豊かな生活の実現に貢献していくとともに、今後も SDGsの考え方に沿ったコールドチェーン物流サービスを提供していく、としている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース