LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

国交省、経産省、環境省/日野自動車の不正行為についての対応

2022年08月03日/生産

国土交通省、経済産業省、環境省は8月2日、日野自動車の排出ガス・燃費性能試験における不正行為についての対応を発表した。

日野自動車から8月2日に、同社における排出ガス・燃費性能試験における不正行為について、同社による調査結果の報告を受けての対応だ。

報告の中で、3月4日に報告があった以外にも、過去に生産していたものを含め、トラック・バス用エンジン及び建設機械等向けのエンジンについて、型式指定申請時に不正行為等があった旨、一部は排出ガス基準や燃費のカタログ値を満たしていない旨の報告があったとしている。

型式指定申請において不正を行うことは、自動車及び建設機械等のユーザーの信頼を損ない、かつ、自動車認証制度の根幹を揺るがす行為であり、今回更なる不正行為が明らかになったことは極めて遺憾。

国交省としては、道路運送車両法の下で、日野自動車に対して更なる調査を実施し、その結果に基づき、厳正に対処していくとしている。

また、該当エンジンを搭載した建設機械を製造・販売した建設機械メーカーに対しては、オフロード法(特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律)の趣旨に則り、ユーザーへの丁寧な対応を行うよう指導した。

同社からの報告書には、同社の特別調査委員会の調査等により、個別エンジンについて、「現行生産エンジン14機種のうち12機種について、排出ガス長距離耐久試験に係る不正」、このうち4機種(うち建設機械等用3機種)は基準不適合、うち8機種(うち建設機械等用4機種)は基準適合としている。

また、「生産終了エンジンについて、燃費試験、排出ガス長距離耐久試験に係る不正」については、燃費性能については、うち4機種がカタログ値に未達、うち5機種がカタログ値は達成、排出ガス性能の基準適合性は、多くの機種を対象に調査を継続中としている。

さらに、同社は、基準不適合が判明したエンジン及びそれを搭載した車両の生産を自主的に停止した。同社は、特別調査委員会の調査結果及び提言を踏まえ、再発防止策を徹底していく。2016年4月の国交省による排出ガス・燃費試験の実態に関する報告徴収に対し、問題ないとした報告は、虚偽報告だったと報告している。

国交省では、同社の報告を踏まえ、日野自動車に対し、基準不適合のエンジンを搭載した使用過程車に関し、速やかにリコールを行うよう、また、自動車のユーザーや建設機械等メーカーへの丁寧な説明や対応に努めるよう指導。日野自動車に対し、基準に適合しているエンジンでも、不正が判明したものについて、出荷を停止するよう指導。建設機械メーカーに対し、該当エンジン搭載済みの建設機械について、オフロード法の趣旨に則り、ユーザーへの丁寧な対応や説明に努めるよう指導の対応をとった、としている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース