LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SBSHD/1~6月の売上高7.2%増、営業利益40.3%減

2022年08月05日/決算

SBSホールディングスが8月5日に発表した2022年12月期第2四半期決算によると、売上高2168億5200万円(前年同期比7.2%増)、営業利益83億4300万円(40.3%減)、経常利益82億4800万円(40.8%減)、親会社に帰属する四半期純利益18億9500万円(75.7%減)となった。

主力の物流事業では、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ企業間物流の回復や、即日配送事業でのEC需要の取り込みにより、売上高は2116億5800万円(16.0%増)となったが、営業利益は傭車費や燃料費の増加、新制服導入費用の計上等で76億3900万円(6.5%減)となった。なお、同期には阿見第二物流センターの火災損失として46億1400万円を計上している。

通期は、売上高4300億円(6.6%増)、営業利益215億円(3.8%増)、経常利益206億円(0.5%増)を見込んでいる。親会社に帰属する当期純利益については、阿見第二物流センターで発生した火災による被害の調査が続いており、追加の特別損失の発生時期や金額、保険金の受取金額が未確定であることから、現時点で適切な予想値を算定困難なため、未定としている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース