LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

JR貨物/東北・新潟・北陸地区大雨で貨物列車に影響

2022年08月05日/3PL・物流企業

日本貨物鉄道(JR貨物)は8月6日12時時点での、大雨による影響を発表した。

それによると、8月3日から前線の活動が活発化したことによる大雨の影響により、東北・北陸地方及び新潟県内の複数区間で運転を見合わせているため、貨物列車の運休及び大幅な遅延等が発生している。

貨物列車の主な運転中止区間は、東北線、いわて銀河鉄道線、青い森鉄道線 盛岡(タ) ~ 八戸貨物駅間、奥羽線 秋田貨物駅 ~ 大館駅間、白新線、羽越線 新潟(タ) ~ 酒田駅間、北陸線、IR いしかわ鉄道線 米原駅 ~ 南福井駅間、湖西線 山科駅 ~ 近江塩津駅間。

8月6日12時時点では、運転再開の見込みは立っていないとしている。

なお、それに先立ち日本貨物鉄道(JR貨物)は、8月4日17時時点の、大雨による影響を発表している。

<8月4日17時時点の運転中止区間と主な被害箇所>
20220805jr 520x759 - JR貨物/東北・新潟・北陸地区大雨で貨物列車に影響

それによると、8月4日17時時点で東北・北陸地方と新潟県内の複数区間で運転を見合わせており、貨物列車の運休や大幅な遅延が発生している。

運転を中止している区間は、東北線、いわて銀河鉄道線、青い森鉄道線「盛岡貨物ターミナル駅~八戸貨物駅間」、奥羽線「秋田貨物駅~大館駅間」、白新線、羽越線「新潟貨物ターミナル駅~酒田駅間」、北陸線、IRいしかわ鉄道線「南福井駅~金沢貨物ターミナル駅間」。

なお、これらの区間については8月4日17時時点で運転再開の見込みはたっていないとしている。

<8月3日 奥羽線「下川沿駅~大館駅間」(道床流出・土砂流出)の状況>
20220805jr1 520x387 - JR貨物/東北・新潟・北陸地区大雨で貨物列車に影響

<8月3日 いわて銀河鉄道線「奥中山高原駅~小鳥谷駅間」(土砂流入)の状況>
20220805jr2 520x388 - JR貨物/東北・新潟・北陸地区大雨で貨物列車に影響

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース