LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

安田倉庫/4~6月の売上高14.3%増、営業利益30.8%減

2022年08月05日/決算

安田倉庫が8月5日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高143億8400万円(前年同期比14.3%増)、営業利益4億9100万円(30.8%減)、経常利益8億円(0.7%増)、親会社に帰属する四半期利益5億1400万円(3.3%増)となった。

物流事業では、既存顧客の取引拡大や輸配送ネットワークの拡充、海上運賃の高騰や航空輸送の増加などにより倉庫保管料、作業料、陸運料及び国際貨物取扱料で売上高が129億8400万円(19.6%増)となった一方、陸運費や国際貨物取扱費などの営業原価の増加などにより、営業利益は6億4500万円(14.3%減)となった。

不動産事業では、既存施設の稼働率維持で賃貸料は堅調に推移したものの、前年同期に計上した大規模な施工工事の影響で売上高は15億200万円(17.9%減)、営業利益は4億8800万円(17.2%減)となった。

通期は、売上高580億円(9.3%増)、営業利益27億5000万円(5.5%減)、経常利益38億円(5.9%減)、親会社に帰属する当期純利益23億円(20.0%減)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース