LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/埼玉県上尾市に緑豊かな10.5万m2のマルチ型施設着工

2022年09月01日/物流施設

PR記事

日本GLPは9月1日、埼玉県上尾市に総延床面積10万5000m2の先進的物流施設「GLP上尾」の起工式を執り行ったと発表した。竣工は2024年3月の予定。投資総額は約230億円。

<「GLP上尾」完成イメージ>
20220901glp1 1 520x291 - 日本GLP/埼玉県上尾市に緑豊かな10.5万m2のマルチ型施設着工

「GLP上尾」は、横浜ゴム上尾配送センターの跡地に建設され、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「桶川加納IC」から7.5km、東北自動車道「岩槻IC」から10.5km、そして首都高速道路「与野IC」から11.0kmの場所に位置し、関東一円から東北エリアまでを網羅できる、物流拠点として優れた立地にある。また、JR高崎線「上尾駅」から1.2km(徒歩15分)、JR高崎線「宮原駅」からはバスで9分と公共交通機関でのアクセスが容易であることに加え、施設周辺には住宅地が広がっていることから雇用確保の点でも優位性がある。

<広域図>
20220901glp2 1 520x296 - 日本GLP/埼玉県上尾市に緑豊かな10.5万m2のマルチ型施設着工

<周辺図>
20220901glp3 520x471 - 日本GLP/埼玉県上尾市に緑豊かな10.5万m2のマルチ型施設着工

「GLP上尾」は、上尾周辺のエリアでは希少な大型マルチテナント型先進的物流施設で入居対象の企業は、DC型(メーカー、中小3PLなど)やEC(医薬品・医療機器、マスターリース会社など)、そしてTC型(配送・運送会社、小売り・卸など)を想定し、幅広い業種のニーズに対応する仕様、設計プランを提供する。

同施設の開発コンセプトは“Co, well-being”。施設で働く人々と地域住民の健康に寄与する施設として開発する。バイオフィリック(自然を好む性質)デザインを採用した内外装デザインにより、快適な就労環境を整備することで、施設で働く人々の心身の健康に加えて生産性向上にも寄与し、さらに入居企業へ安定した雇用をサポートすることで事業成長に貢献することを目指す。また、敷地内の緑地を一部パークエリアとして開放し、緑豊かな遊歩道やベンチを設置した休憩スペースを設置するなど、地域住民の方々の利便性をサポートし、地域に調和する施設として開発する。

<カフェテリアイメージ>
20220901glp4 520x160 - 日本GLP/埼玉県上尾市に緑豊かな10.5万m2のマルチ型施設着工

同施設の特長は3つのフロアコンセプト(DC、EC、TC)によるハイブリッド型施設であること。各階を4分割プランとして、最小区画面積は4000m2、最大区画面積9万m2とし、ニーズに応じてフレキシブルに対応できる。1-4階は各階アクセスでき、4-5階は二層使いが可能な片車路形式のダブルランプウェイとなっており、輸配送能力向上をサポートする両面バースを採用。縦搬送能力を高める垂直搬送機は4-5階に設置、5階は床荷重を2t/m2、有効天井高は一部7.25mとした。

さらにBCPの面からは、「GLP上尾」の立地する土地は液状化・洪水・地震のいずれにおいても災害発生リスクが極めて低く、社会インフラの一つである物流を止めない施設としての活用が期待できる。また環境への配慮として、自家消費型の太陽光パネルを設置することを検討しており、入居企業の脱炭素化に向けたサステナブルな取り組みをサポートする。

■施設概要
施設名:「GLP上尾」
所在地:埼玉県上尾市愛宕6-1-22
敷地面積:4万6000m2
延床面積:10万5000m2
構造:地上5階建て、免震PC造
着工:2022年9月
竣工:2024年3月(予定)
認証取得:LEEDゴールド認証(予定)、ZEB Ready認証(予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース