LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和ハウス/中部地方の物流施設で「ABINC認証」取得

2022年09月12日/物流施設

大和ハウス工業は9月12日、開発中の「(仮称)Dプロジェクトみえ朝日町」が8月26日に、中部地方の物流施設として初めて「いきもの共生事業所認証(ABINC 認証)」を日本トランスシティとともに取得したと発表した。

< 「(仮称)Dプロジェクトみえ朝日町」外観パース>
20220912daiwa 520x358 - 大和ハウス/中部地方の物流施設で「ABINC認証」取得

なお、同施設は、日本トランスシティが2023年6月30日の竣工と同時に取得予定。

<植栽計画>
2022daiwa2 520x357 - 大和ハウス/中部地方の物流施設で「ABINC認証」取得

「(仮称)Dプロジェクトみえ朝日町」は、同社が開発中の生物多様性に配慮した物流施設。施設では、計画地およびその周辺に生息する植物や鳥類、昆虫類などを対象に自然環境調査を実施し、周辺環境との調和や地域の生物多様性に配慮した整備、地域共生活動を計画した。

整備計画では、地域の生態系に配慮して、コナラやヤマザクラ、ツツジ類、ヤマハギなどの在来種から草木を選定した。また、本計画地は三重県が準絶滅危惧種に指定するコチドリの生息地に近接することから、コチドリの営巣環境を整備するために砂や小石を敷いた環境を整備予定だ。

地域共生活動では、地域住民と連携して、周辺の水田や水路などに生息するメダカ、ドジョウなどの生き物を、敷地内に整備した水辺のあるビオトープエリアに放流する予定。また、長期的に保全活動が維持されるよう、自然観察イベントや環境教育プログラムなど地域の人々と連携した維持管理を計画している。

このような生物多様性保全への取り組みが評価され、中部地方の物流施設で初めて「ABINC認証」を取得した。

ABINC事務局からは「動物の生息場所に対する配慮が多く計画され、他の模範となり得る計画となっており、特に水辺の観察路としてウッドデッキを配置し、その下を生物が往来できるようにした計画は、限られた敷地の中で工夫を凝らしている良い事例。また、水循環や物質循環への高い配慮や詳細かつ目的が明確なモニタリング調査の計画、地域住民と協力した環境教育プログラムも非常にレベルの高い内容で、今後の展開にも期待できる」と評価コメント。

■概要
名称:「(仮称)Dプロジェクトみえ朝日町」
所在地:三重県三重郡朝日町大字埋縄
交通:伊勢湾岸自動車道「みえ朝日インターチェンジ」より約700m
JR関西本線「朝日駅」より約1.4km
開発面積:7万7403.45m2(約2万3414.54坪)
延床面積:6万4203.81m2(約1万9421.65坪)  
構造・規模:鉄骨造3階建て  
着工:2022年7月1日  
竣工予定:2023年6月30日  

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース