LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

キユーソー流通/12~8月の売上高1.8%増、営業利益6.1%増

2022年10月05日/決算

キユーソー流通システムが10月5日に発表した2022年11月期第3四半期決算によると、売上高1337億5900万円(前年同期比1.8%増)、営業利益29億7800万円(6.1%増)、経常利益26億7900万円(3.5%増)、親会社に帰属する四半期純利益12億8700万円(7.0%増)となった。

共同物流事業の売上高は943億8400万円(前年同期比0.3%減)、営業利益は11億1200万円(4.9%増)となった。売上高は出荷物量減少の影響で減収となり、営業利益は運送・倉庫の効率化や適正料金化施策の進捗などで増益となった。

専用物流事業の売上高は282億5800万円(2.5%増)、営業利益は12億5100万円(18.9%増)となった。売上高はチェーンストアの取引拡大やコンビニエンスストアの出荷物量増加などで増収となり、営業利益は増収による利益増加やコスト改善の進捗などで増益となった。

関連事業の売上高は111億1500万円(20.6%増)、営業利益は6億300万円(10.3%減)となった。売上高はインドネシアでの保管や配送の取り扱い物量増加などで増収となり、営業利益は国内での施設工事の減少等で減益となった。

通期は、売上高1765億円(0.3%増)、営業利益43億円(18.2%増)、経常利益38億5000万円(16.4%増)、親会社に帰属する当期純利益16億4000万円(5.0%増)を見込んでいる。

関連記事

決算に関する最新ニュース

最新ニュース