LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SBS東芝ロジ/大阪市湾岸エリアに4拠点目となる物流施設開設

2022年11月01日/物流施設

SBS東芝ロジスティクスは11月1日、大阪市住之江区に「大阪住之江物流センター(仮称)」を開設すると発表した。オープンは2023年4月の予定。

<完成予想イメージ>
20221101sbs1 520x295 - SBS東芝ロジ/大阪市湾岸エリアに4拠点目となる物流施設開設

大阪市住之江区に建設中の同物流センターは、同市中心部から約10kmと市内配送に優位なエリアに立地。阪神高速15号堺線利用至便で大阪南港からも近く、近郊都市にもアクセス良好。市内配送と広域輸送を両立した保管・輸配送拠点ニーズに対応している。

また、既に稼働している同社4拠点が全て半径1km圏内にあることで、年末年始など各拠点の波動に合わせて作業スタッフをフレキシブルに配置することができる。家電(メーカー物流、量販物流)、精密機器、住設、Eコマースの取り扱い実績もあり、多種多様な顧客満足度の向上を図っていく。

■物件概要
所在地:大阪市住之江区柴谷1-10-1(ロジポート住之江)
倉庫面積:1万8842.95m2(5700坪)
事務所面積:561.98m2(170坪)
構造:耐震構造
天井高:1F-3F:5.5m/4F:7.0m
耐荷重:1.5t
バース:垂直搬送機:3基/大型EV:2基

■特設ページ
https://www.sbs-toshibalogistics.co.jp/logi/corporate/location/wh_suminoe.html

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース