LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

霞ヶ関キャピタル/習志野市の物流施設開発用地、買主の地位譲渡

2022年12月12日/物流施設

PR記事

霞ヶ関キャピタルは12月12日、 同日開催の経営会議において、千葉県習志野市の物流施設開発用地について、物流施設開発を目的に買主の地位を譲渡することを決議したと発表した。

同社は今年5月31日、同社の物流施設ブランド「LOGI FLAG」の開発用地として、同用地の取得を公表していた。同件買主の地位譲渡にあたり、 地位譲渡先の概要および譲渡価格など詳細については、守秘義務契約により公表を控えるとしている。なお、同社と取引先との間には、記載すべき資本関係、人的関係はなく、属性について問題はないとし、同件地位譲渡後も同社はプロジェクトマネージャーとして引き続き開発に関わっていく。

また、同件物流施設開発用地の買主の地位譲渡に関する売上については、2023年8月期連結業績予想に織り込み済。

<霞ヶ関キャピタル物流施設開発予定物件一覧>
20221212kasumigaseki1 520x447 - 霞ヶ関キャピタル/習志野市の物流施設開発用地、買主の地位譲渡

■物件概要
所在地:千葉県習志野市
物件種類:土地(物流施設開発用地)
敷地面積:約4150m2
契約締結予定日:2022年12月15日
決済予定日:2022年12月22日

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース