LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

プロロジス/第3回目の「施設満足度調査」実施、大幅改善実感

2022年12月22日/物流施設

PR記事

プロロジスは12月22日、カスタマーエクスペリエンスの向上を目指し、コロナ禍以降で初となる、 第3回目の「施設満足度調査」を2022年夏に実施し、その結果概要を公表した。

<施設満足度調査の案内の様子>
20221222prologis 520x248 - プロロジス/第3回目の「施設満足度調査」実施、大幅改善実感

調査の結果概要では、特にプロロジスパークにおける就業者の構造については変化があり、就業に関する多様性の広がりが確認できた。それによると、1. 年齢構成:高齢化と若年化が双方進む、2. 働き方:レギュラー勤務とシフト勤務の両極へ拡がる、3. 通勤手段:公共交通機関での通勤率が大幅に減少し、個別通勤が進む、といった結果となった。

加えて、新型コロナウイルスのまん延状況を経て、衛生面の意識が高まっていることも確認できるなど、今後のプロロジスパークの就業環境の一層の改善に参考となる結果が得られたとしている。

2022年施設満足度調査結果の主なポイントでは、「1.スコアが2019年前回調査比で+16.8ポイントの大幅改善」、「2.就業者の属性構造に大きな変化 ‐ 年代の多様化と、雇用構造の変化 → 就業者の年代が平準化傾向に、また、正社員・契約社員比率が上昇し、雇用安定化の動きもみられる→ 一方で、いわゆるすきまバイト(スポットワーク)の認知率が56.5%、実際にすきまバイトしているとの回答が8.9%となり、すきまバイトという新たな働きかたが徐々に浸透」、「3.自家用車での通勤者シェアが前回2019年調査比16.8%の大幅な増加、電車通勤シェアは12%減少 → 新型コロナウイルス流行に伴い、感染防止の観点で非接触の通勤手段を推奨する入居カスタマーや、それを選択する就業者が増加したか」、「4.トイレに対する満足度と、サーベイ結果(eNPS)の相関が見られた → トイレの満足度(清潔さ、マナー、設備)が高い施設ほど、施設全体の満足度も高い傾向」等が分かった。

NPS(Net Promoter Score)とは、「友人や同僚に薦めたいか?」という質問への回答から算出されるロイヤルティを測る指標。eNPSは、Employee Net Promoter Scoreの略称で、「親しい知人・友人にあなたの職場をどれくらい勧めたいか」を尋ね、「職場の推奨度」を数値化したものとなる。

プロロジスでは、2016年より3年に1回、施設満足度調査を実施し、その結果を、プロロジスが運営している各物流施設のリニューアルや新たなサービスの提供、施設開発の計画策定の参考としている。例えば過去実施した施設満足度調査の結果を受け、プロロジスパークにおいてカスタマーの従業員により快適に過ごしてもらえるように、さまざまな改善を行っている。

その一部が、「休憩スペースをよりリラックスできる空間にするため、カフェテリア風のゆったりとしたデザインへの変更、一人向けシートの拡充やフリーWi-Fiの導入」、「館内の売店・コンビニエンスストアの充実、セルフレジ採用による24時間化」等の事例だ。

さらに、本年実施した施設満足度調査の結果を分析し、新型コロナウイルスの感染拡大・流行を受けて、施設に対する衛生面のさらなる向上や、休憩スペースのレイアウトの変更などについて、具体的な施策の検討を進めているとしている。

■調査概要
調査対象:アメニティ施設・サービスのある18のプロロジスパーク内で勤務しているすべての正規・非正規従業員
調査実施会社:ツナググループHC(https://tghc.tsunagu-grp.jp)
有効回答者数:2944件(回答率33.6%)
回答者属性:10代~70代 / 男性:51.0%、女性:48.1%、その他:0.8%

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース