LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ヤマト運輸/日本ミシュランタイヤとの物流改革に本格着手

2023年01月10日/3PL・物流企業

PR記事

日本ミシュランタイヤとヤマト運輸は1月10日、物流改革共同プロジェクトの本格運用を開始したと発表した。

<伊勢崎倉庫の庫内>
20230110yamato20 520x343 - ヤマト運輸/日本ミシュランタイヤとの物流改革に本格着手

<倉庫に保管しているタイヤ>
20230110yamato21 520x347 - ヤマト運輸/日本ミシュランタイヤとの物流改革に本格着手

両社は、ミシュランの日本国内での円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を2022年9月14日に締結している。

これに伴い、同9月から一部で物流改革共同プロジェクトの運用を開始していたが、このたび本格運用を開始し、1月10日に東日本の中央倉庫である伊勢崎倉庫から荷物の初出荷を行った。

今後は、製造過程でタイヤに付帯するICタグを倉庫運営に活用し、タイヤ一本単位の年度管理に加え、生産国の識別などを容易にするなど、RFIDを活用したDXの促進を図る。

また、倉庫内作業の省人化の取り組みを進め、荷受け・ピッキング・出荷作業・棚卸などの生産性の向上を目指し、将来的には、ヤマト運輸の輸配送管理システムとミシュランのシステムを連携させ、注文したタイヤの配送状況を顧客が確認できる仕組みの導入も検討していく。

<出荷作業の様子>
20230110yamato22 520x389 - ヤマト運輸/日本ミシュランタイヤとの物流改革に本格着手

20230110yamato23 520x387 - ヤマト運輸/日本ミシュランタイヤとの物流改革に本格着手

20230110yamato24 520x389 - ヤマト運輸/日本ミシュランタイヤとの物流改革に本格着手

20230110yamato25 520x389 - ヤマト運輸/日本ミシュランタイヤとの物流改革に本格着手

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース