LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本通運/脱炭素に向けEVトラックを国内初導入、年内10台に

2023年01月13日/3PL・物流企業

PR記事

日本通運は1月13日、脱炭素に向けた取り組みの一環として、CO2や汚染物質を排出しないEVトラックを、2022年12月15日に国内で初めて導入したと発表した。

<横浜支店のEVトラック>
20230113nittsu1 520x347 - 日本通運/脱炭素に向けEVトラックを国内初導入、年内10台に

<福岡支店のEVトラック>
20230113nittsu2 520x293 - 日本通運/脱炭素に向けEVトラックを国内初導入、年内10台に

導入したEVトラックは、三菱ふそうトラック・バス製の「e キャンター」で、第1弾となる2台が12月15日に横浜支店へ、12月26日に福岡支店へそれぞれ納車された。2023年内に10台の導入を予定し、近距離の引越しや配送業務などで活用する。

NXグループは、長期ビジョン「グローバル市場で存在感を持つロジスティクスカンパニー」の実現に向けて、「気候変動への取り組み」を重要課題(マテリアリティ)の一つと位置づけ、CO2排出量を 2023年度までに2013年度比30%削減の目標を掲げている。

これまで、LPG車やハイブリッド車などの環境配慮車両を国内で1万2000台以上導入し、自社事業におけるCO2排出量削減に努めている。また、昨年7月にはCJPT社が主催するエネルギーマネジメントシステムの構築・社会実装に参画し、2030年までにカーボンニュートラル車両(燃料電池トラック)23台の導入を計画するなど、積極的な取り組みを進めている。

NXグループはこれからも、カーボンニュートラルの実現に向け、引き続きEVトラックを含む環境配慮車両の積極的な導入を進め、サステナビリティ経営を推進していくとしている。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース