LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

関通/兵庫県尼崎市にEC物流センター、2025年6月稼働

2023年01月13日/物流施設

PR記事

関通は1月13日、兵庫県尼崎市に「(仮称)関西新物流センターIII」を新設すると発表した。

同センターは、三井不動産が開発予定の物流施設「(仮称)MFLP尼崎I」を1棟借りして開設する。

賃借面積は倉庫部分が約3万2000m2、事務所が約2000m2。サービス提供開始は2025年6月1日を予定している。

関通は、関西圏と首都圏に自社運営拠点として18拠点の物流センターを展開し、主にEC・通販事業を展開する顧客に物流支援サービスを提供している。

今回、EC市場での物流サービスの需要の高まりに対応し、新規顧客の獲得を強化するため、新たな物流センターの設置を決定した。

なお、新物流センターの設置に伴い、敷金2億7800万円と、物流設備・付帯設備費用1億6600万円(2025年6月~2027年2月までに支出予定)が発生する。

■「(仮称)関西新物流センターIII」概要
所在地:兵庫県尼崎市西向島町15-8
賃借物件名:(仮称)MFLP尼崎I
賃貸借期間:2025年6月1日~2035年5月末(予定)
※定期建物賃貸借契約
賃借面積(予定):倉庫部分3万1873.61m2(9658.67坪)、事務所等部分1983.04m2(600.92坪)
構造:耐震構造 地上4階建
サービス提供開始日:2025年6月1日(予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース