LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

高速道路深夜割引/車両の滞留で見直し、時間と距離を緩和へ

2023年01月20日/物流施設

PR記事

国土交通省、高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は1月20日、2024年度中を目処に深夜割引を見直すと発表した。

高速道路の深夜割引については、社会資本整備審議会 道路分科会 国土幹線道路部会 中間答申(2021年8月4日付け)において、「深夜割引適用待ちの車両の滞留が発生している状況を踏まえた、割引が適用される時間帯の走行分の料金を対象として割り引くような見直し」、「これにあわせて、交通容量に余裕のある高速道路の夜間利用の促進、及びトラック運転者等の負担軽減を目的とした、割引時間帯の拡大について検討する必要があるとされたところ」だった。

これを踏まえ、高速道路会社と検討した結果、2024年度中を目処に深夜割引を見直すこととしたもの。

深夜割引の見直しのポイントは、「深夜割引の適用時間帯に走行した分のみ3割引」、「深夜割引の適用時間帯を現行の0時~4時から22時~翌5時に拡大」、「長距離利用者の負担軽減措置として、400km超の長距離逓減を拡充」。

長距離逓減率としては、現行、100km超~200km 以下を 25%引、200km超を30%引だが、見直し後は現行にプラスして、400km超~600km以下を40%引、600km超~800km以下を45%引、800km超を50%引。

激変緩和措置(見直しから5年程度)として、深夜割引時間帯に一定以上の距離を走行し、かつ 1000km以上走行した場合は、1000kmを超えて走行した分を深夜割引の対象とする距離に加算する。

今後、具体的な導入の時期が決まったら、改めて知らせるとしている。

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース