LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/国連WFPの食料支援コーポレートプログラムに参加

2023年02月27日/3PL・物流企業

商船三井は2月27日、国際連合の食料支援機関である「国際連合世界食糧計画」(以下、国連WFP)の飢餓と貧困を撲滅するという使命に賛同し、その活動を支援するため、今年3月からの3年間、国連WFPの公式支援窓口である国連WFP協会のコーポレートプログラムに「コントリビューター」として参加すると発表した。

コーポレートプログラムとは、民間企業と国連WFP協会が両輪となり、協働で社会における公的役割を果たしていく、新しいパートナーシップのあり方。

国連WFPは、「飢餓から救う、未来を救う」ことを目指し、食料支援のみならず、弱い立場にある人々の人生を変える為の様々な取り組みを行っている。また、食料を必要な人々に届けるために物流関連部門を備え、貨物や人道支援にかかわるスタッフの輸送、支援物資の保管および管理等の機能を持ち、緊急支援時には国連人道支援機関やそのパートナーの援助活動を展開するロジスティック・クラスターのリード機関の役割も果たしている。

同社は「青い海から人々の毎日を支え、豊かな未来をひらきます」という企業理念の下、海運業を中心とした社会インフラ企業グループとして事業を展開している。また、サステナビリティ課題(マテリアリティ)のひとつに「Human&Community 人の活躍と地域社会の発展」を掲げ、同社グループに関わる全ての人々との共生、地域社会の持続可能な発展・振興を図ることを目指している。

同社グループは、持続可能な社会の実現に貢献するため、国連WFPとの協働を通じて、開発途上国における食料支援、地域社会の構築支援という社会課題について取り組んでいくとしている。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース