LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





景気動向調査/年末需要が堅調、「運輸・倉庫」2か月ぶりに改善

2024年01月12日/調査・統計

PR記事

帝国データバンク(TDB)は1月11日、2023年12月調査のTDB景気動向調査(全国)を発表した。

<全国の景気DI>
20240112tdb - 景気動向調査/年末需要が堅調、「運輸・倉庫」2か月ぶりに改善

それによると、2023年12月の景気DIは前月比0.1ポイント増の44.9となり、3か月連続で改善した。国内景気は、年末需要が堅調だったなかで、暖冬による季節商品の不振や自動車メーカーの不正問題などがマイナス要因となった。今後の国内景気は、持続的な賃上げや金利動向などを受け、横ばい傾向で推移するとみられる。

「運輸・倉庫」の景気DIは44.5と、前月比0.7ポイント増。2か月ぶりに改善。「年末に向けて輸送量が増えてきた」(一般貨物自動車運送)や「忘年会シーズンが始まり利用が増加」(一般乗用旅客自動車運送)などトラック輸送やタクシーなどで年末需要を実感する声が複数あがった。加えて、倉庫関連も冷蔵倉庫業で50超となるなど、お歳暮やクリスマス、正月などのイベントが景況感を押し上げた。また、荷主の運賃改定の受け入れが、増加してきているなど前向きな声も寄せられた。ただし、ドライバー不足ほか懸念材料は多い。

先行きについては、半導体業界が回復し、関連資材の取扱いが増加する見込み(普通倉庫)と明るい見通しもあるが、現在、荷主に運送料金の値上げ交渉を強く行っているが、なかなか進捗しない。大口先の取引解消も視野に入れている(集配利用運送)、「2024年問題」に対処すべく運賃の値上げ交渉をしているが、自社も含め多くの事業者で難航している様子(一般貨物自動車運送)とあり、これまでの課題が解消されたとは言い難い状況が続いている。

なお、全業界では、年末需要が下支えし全10業界中6業界が前月から改善、前年同月の水準を9業界で上回った。特に、忘年会など会食機会の増加は、飲食関係に限らず好影響となった。他方、軽自動車メーカーのダイハツ工業の不正問題は幅広い業種にマイナスの影響を及ぼしている。

関連記事

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース