LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ヤマト運輸/宅配便等に国際規格準拠のカーボンニュートラリティ

2024年01月30日/3PL・物流企業

PR記事

ヤマト運輸は1月30日、「宅急便」「宅急便コンパクト」「EAZY」(「宅配便3商品」)について、国際規格ISO 14068-1:2023に準拠したカーボンニュートラリティ宣言を行ったと発表した。

<ヤマト運輸のカーボンニュートラルイメージ>
20240130yamato - ヤマト運輸/宅配便等に国際規格準拠のカーボンニュートラリティ

この宣言については、第三者機関であるBSIグループジャパンの検証を受け、2024年1月30日に宅配便3商品がISO 14068-1:2023に準拠したカーボンニュートラリティであることの意見書を取得した。

<意見書の授与式(左から、ヤマト運輸 長尾裕社長、BSIグループジャパン 漆原将樹社長>
0130yamato2 520x348 - ヤマト運輸/宅配便等に国際規格準拠のカーボンニュートラリティ

このカーボンニュートラリティ宣言は、2022年度(2022年4月~2023年3月)において国際規格ISO 14068-1:2023に準拠したカーボンニュートラリティを達成し、引き続きEVや太陽光発電設備の導入など、事業活動に伴うGHG自社排出量の削減に取り組むことで、2050年度までの宅配便3商品のカーボンニュートラリティの実現をコミットメントしたもの。

なお、2022年度の未削減排出量分についてはカーボンクレジット使用によるオフセットを実施した。

カーボンニュートラリティ宣言概要は、対象商品が宅急便(クール宅急便含む)、宅急便コンパクト、EAZY。対象期間は国際規格ISO 14068-1:2023に則り、GHG 排出量算出における基準年を定めたうえで 2022年度のGHG排出量についてカーボンニュートラリティを達成した。また、今後のGHG排出量の削減、除去、オフセットを含めたカーボンニュートラリティ計画を示し、2050年度までのカーボンニュートラリティの維持を表明した。

■カーボンニュートラリティ宣言概要
対象商品:宅急便(クール宅急便含む)、宅急便コンパクト、EAZY
基準年:2021年4月1日~2022年3月31日(2021年度)
達成期間:2022年4月1日~2023年3月31日(2022年度)
コミットメント期間:2022年度~2050年度

2022年度におけるカーボンニュートラリティの達成についてでは、EVや太陽光発電設備の導入などによりGHG排出量を削減し、未削減排出量(246万t-CO2e)については、カーボンクレジット使用によるオフセットを実施することで、国際規格ISO 14068-1:2023に準拠したカーボンニュートラリティを達成した。クレジットについては、再生可能エネルギーに関する14個の排出量削減プロジェクトを選定した。なお、このクレジットは、いずれも第三者認証機関が認めたものとなる。

2050年度までの宅配便3商品のカーボンニュートラリティ計画については、引き続きEVや太陽光発電設備の導入など自社努力によるGHG排出量削減に向けた取り組みを計画的に実行し、BSIグループジャパン検証のもと、ISO 14068-1:2023に従って長期目標である2050年度までカーボンニュートラリティを維持することを表明した。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース