LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





川崎汽船/企業版ふるさと納税活用し徳島県美波町に200万円寄付

2024年06月19日/CSR

川崎汽船は企業版ふるさと納税を活用し、徳島県美波町で藻場再生プロジェクトを進めている「藻藍部」を支援するため、6月12日に同町へ200万円の寄付を行った。

6月18日に美波町で行われた贈呈式には、町長の影治信良氏をはじめ同社関西支店長、関係者らが出席した。

<左から、美波町 影治町長 関西支店 下垣支店長>
0619kawasaki1 - 川崎汽船/企業版ふるさと納税活用し徳島県美波町に200万円寄付

藻藍部は、アカウミガメが産卵に訪れる町としても知られる徳島県美波町で「磯焼け (藻場の喪失)」問題に取り組む美波町を含む地元関係者で立ち上げた藻場再生プロジェクトの活動主体。

藻場再生を軸とした取り組みを行っており、地域の発展・地球の未来のための好循環モデルの構築を目指している。

同社では事業に深い関わりのある海洋の環境負荷低減への取り組み強化を目指し、藻藍部の支援を通じて、生物多様性保全や気候変動対策など環境対策に貢献したい考え。

また、今回の企業版ふるさと納税による寄付に加えて、今後は従業員による藻場再生ボランティア活動への参加など、さらに取り組みを進めていくとしている。

関連記事

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース