LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





冷食5社/持続可能な物流へ協働、枠組みを超えた取組みを推進

2024年06月19日/SCM・経営

味の素冷凍食品、テーブルマーク、ニチレイ、ニッスイ、マルハニチロの5社は6月19日、冷凍食品物流における効率的で安定的な物流体制構築へ検討を開始すると発表した。

日本冷凍食品協会が2023年12月25日に公表した「物流の適正化・生産性向上に向けた冷凍食品業界の自主行動計画」に従い、5社で協働を進める。

冷凍食品物流では手荷役が多いなど特有の課題があり、個社単位での対策を進めることに加え、5社による新たな協働体制により、既存の枠組みを超えた取組みを推進していくことが狙い。

これにより冷食物流全体の生産性向上と、業界標準化への促進につなげる。

主な検討内容は共同保管・配送による積載率の向上と物流ネットワークの安定化、物流現場での生産性向上、共通プラットフォームによる物流GX・DXの推進など。

5社はこれまでも個社どうしの取り組み連携の中で全国各エリアでの共同物流を行ってきたが、今後はこれを基盤にさらなる冷凍食品物流の更なる基盤強化を図る。

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース