LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ハクオウロボ/自動フォークとエレベーターの連携搬送に成功

2024年06月20日/IT・機器

ハクオウロボティクスは6月20日、東京ロジファクトリーの物流倉庫において、自動フォークリフト「AutoFork」と荷物用エレベーターとの自動連携実証に成功したことを明らかにした。

実験では「AutoFork」がエレベーターを呼び出し、パレットをエレベーター内に自動搬送し移動した後、別フロアの「AutoFork」がエレベーター内のパレットを自動取得できることを実証した。

<実証実験の様子>
0620hakuou - ハクオウロボ/自動フォークとエレベーターの連携搬送に成功

エレベーターとの連携にはOcta Roboticsが開発したシステム「LCI」を採用。これによりロボットと建物設備(エレベーター、自動ドア、セキュリティ)が連携し、建物内を自由に移動できるようになる。

今回の実証技術が実用化されれば、自動フォークリフトによるフロア内の横搬送と縦搬送の自動化・効率化が期待される。

ハクオウロボティクスは、こうしたエレベーター連携機能の実用化を目指すと共に、物流設備とロボットとの連携の取り組みを強化していく考えだ。

■実証実験の様子

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース