LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





JR東日本ほか/新幹線輸送「はこビュン」で引越家財輸送トライアル

2024年07月08日/3PL・物流企業

東日本旅客鉄道(JR東日本)とジェイアール東日本物流(JR東日本物流)は7月12日から、新幹線を活用した高速・多量荷物輸送「はこビュン」で新たな事業化検証を行う。

取組みでは、2023年度に4回実施した多量輸送トライアルでの成果や課題などを踏まえ、多量輸送を今後定期的なサービスとして事業化することを見据え、実際のニーズの確認やオペレーションの検証などを行う。

今回、初めて引越家財を扱う新たなパートナーと連携し、東北新幹線を使ったトライアル輸送を行う。

<輸送イメージ>
0708jrhigashi - JR東日本ほか/新幹線輸送「はこビュン」で引越家財輸送トライアル

両社は今後、新幹線の特性を活かして地方と都心をスピーディに繋ぐとともに、新たなパートナーとの連携を進めることで、引き続き社会的な課題解決の一助となることを目指す。

また、2023年度に実施してきたトライアルで得た知見と、2024年度に実施予定の事業化検証の結果を基に、2025年度中の事業化に向けて取り組む考えだ。

■概要
実施日:2024年7月12日、19日、9月6、13日、20日
※上記実施日以降も、引き続き事業化検証を実施予定
輸送列車:東北新幹線 臨時列車 はやぶさ12号(E5系10両編成)
輸送区間:新青森駅8:29発 → 東京駅11:44着
輸送形態:荷物輸送:1~2号車
旅客発売:3~10号車
(普通車指定席:3~8号車、グリーン車:9号車、
グランクラス:10号車、TRAIN DESK設定あり)
荷量:最大300箱程度
輸送品:引越家財、鮮魚ほか
※輸送列車・搭載号車等は変更となる場合がある。
また荷量は荷姿・サイズにより変動する。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース