LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





学研ロジスティクス/マネージメントロボで業務管理者の負担減らす

2024年07月10日/IT・機器

学研ロジスティクスは7月1日、業務プロセス管理や予定管理、ワークフローにおける課題を解決するSaaSサービス「i3 Links」を正式に提供開始した。

<SaaSサービス「i3 Links」のイメージ>
20240710gakken - 学研ロジスティクス/マネージメントロボで業務管理者の負担減らす

このサービスは、業務管理者の日々の進捗管理業務を効率化し、業務負担を大幅に軽減することを目指したプロセス管理ツール。

i3Linksは、従来の業務管理における人(業務管理者など)が介在しないと業務が止まってしまうリスク、または業務の進捗可視化だけでは業務は完了しない、といった課題を根本から解決することができる。

i3Linksがマネージメントロボットとしてプロセス定義に従い、自動でタスクの生成を行うことで、最適なワークフローとして担当者へタスクの割り振りを行う。

また業務全体の予定管理も行いますので、業務管理者の管理業務を大幅に軽減することができる。

例えば受注業務であれば、管理者により定義されたプロセスに従って、注文内容から在庫確認や加工指示、出荷手配などの一連のタスクを生成。そのタスクが関係者に確実に行き渡り、業務が遅滞なく進行される。

その他の業務でも同様に、進捗状況に応じて自動でタスクが生成され、担当者への割り振りを行う。

i3Links導入によって、業務の自動化・効率化が加速度的に進み、人的ミスのリスク低減や、作業の標準化、働き方改革への対応も可能になる。

近年のデジタルトランスフォーメーションの潮流に呼応し、真に稼働できるプロセス自動化を実現する革新的なソリューションだ。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース