LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





商船三井/絶滅危惧種アカウミガメの調査に海上輸送で協力

2024年07月11日/CSR

商船三井は7月11日、名古屋港水族館が行う絶滅危惧種アカウミガメの回遊経路調査に、自動車船「FIRMAMENT ACE」が海上輸送で協力したと発表した。

昨年に続き2回目の取り組み。6月27日、名古屋港金城ふ頭でアカウミガメ28頭が積み込まれ、乗船した水族館関係者2人により7月7日、太平洋上で無事に放流された。

<放流の様子(提供:名古屋港水族館)>20240711mol2 - 商船三井/絶滅危惧種アカウミガメの調査に海上輸送で協力

調査は、北太平洋中部の東端にいるアカウミガメが、海面が暖かくなるエルニーニョの年にはカリフォルニア沖に到達するという仮説を検証するため、名古屋港水族館がスタンフォード大学を含む国内外の研究機関と共同で実施するもの。

アカウミガメに取り付けた送信機から発信される位置情報によって回遊経路を探ることで、絶滅の危機に瀕しているアカウミガメの生態を解明し、保護活動に役立てることができるという。

<調査に協力した FIRMAMENT ACE>
20240711mol1 - 商船三井/絶滅危惧種アカウミガメの調査に海上輸送で協力

商船三井グループは、経営計画で環境戦略を主要な戦略の一つとしている。事業活動の場であり世界万人の共有財産である海洋の保全に貢献するため、多種多様な企業市民活動を積極的に行っていく方針。

関連記事

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース