コスモ石油/サービスステーションでの節電対策

2011年05月25日 

コスモ石油は5月25日、夏場の電力供給不足に対し、同社系列サービスステーション(SS)と特約店での節電対策を発表した。

対象期間は2011年7月1日から9月30日の間で、平日9時~20時までの取り組みとなる。対象は東京電力、東北電力管内に所在する特約店とSS。

取り組み内容の基本は、対象期間において前年比15%以上の抑制としている。

具体的には、照明点灯時間の短縮、待機電力の削減、エアコン設定温度28度以上を中心とした対応を図る。そのための節電マニュアルを配布する。

また、節電効果を計算できる「電力使用量計算シート」や節電目標を提示する「節電取組宣言書」の提供も行う。

さらに、自主的に具体的な抑制目標とそれぞれの事業形態に適合した計画を策定し、「節電取組宣言書」を事業所・SSの分かりやすい場所へ掲示する、としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集