LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大日本印刷/光学ディスク用UHF帯ICタグ販売

2012年02月10日/IT・機器

大日本印刷は2月10日、CDやDVD、BD(ブルーレイディスク)など全ての光学ディスクに対応したUHF帯ICタグの販売を開始した。

<光学ディスクに対応したUHF帯ICタグ(中央の白いシール部分)>

20120210dnp - 大日本印刷/光学ディスク用UHF帯ICタグ販売

光学ディスク用UHF帯ICタグは、DNP、富士通フロンテック、富士通研究所が2010年5月に光学ディスク用に世界で初めて開発したもの。この製品は、通信距離が長く、種類が異なる光学ディスクが重なった状態でも一括して読み取ることができるため、管理業務の大幅な効率化を実現する。

従来使用されていたHF帯ICタグは通信距離が密着~10cm程度と短く、また、種類が異なる光学ディスクが重なると読み取り精度が落ちるため、バーコードと同様に一枚ずつ取り出して読み取る必要があった。

通信距離が長いUHF帯ICタグを用いて、種類が異なる光学ディスクを数十枚重ねた状態でも一括して読み取れ、棚や段ボールに保管された状態でも入出荷管理が簡単・正確に行える製品の開発が求められていた。

本製品は、カルチュア・コンビニエンス・クラブが、2011年12月にオープンした「代官山 蔦屋書店」の映像・音楽フロアでCD及びDVD、BDのレンタル用途で採用されている。

参考価格はロット50万個の場合、1個あたり約40円。

■主な仕様
適応規格:ISO/IEC18000-6 TypeC
寸法:直径48mm×高さ0.2mm
通信距離:約1.5~2.5m 4Weirp、直線偏波アンテナ使用時(読み取り環境により異なる)

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース