NEC/中国で医薬品卸向けの倉庫実績収集管理ソリューション拡販

2012年03月30日 

NEC、シノジャパン、中国の大手医薬品流通卸会社である九州通は3月30日、中国で医薬品卸企業向けの倉庫実績収集管理ソリューションの拡販を協業すると発表した。

九州通の倉庫管理システム(WMS)と、シノジャパンの高速Web通信ミドルウェア「@Hyway」を搭載したNEC製「Agile-MESGateway」を組み

3社の製品を組み合わせることで、倉庫における入庫・在庫・出庫の実績情報をリアルタイムでWMSへ効率的に送信し、在庫の削減、販売計画の柔軟な変更、モノと情報の完全一致が可能となる。

さらに、端末の種類に合わせた画面やWMSとのインタフェースを個別に開発する必要が無くなり、顧客のTCO削減を実現する。

3社は、今後3年間で100システムの販売を目指す。

NECは、2010年3月に九州通にRFIDを活用した医薬品の温度トレーサビリティシステムを納入しており、2011年10月には九州通と、電子ピッキングソリューションの中国における拡販で合意し、既に中国各地で導入されており、今回の協業はこれらの取り組みに続くもの。

医薬品の倉庫管理では、冷温管理が必要な薬など、薬の種類に応じた管理が必要で、九州通のWMSは様々な医薬品の倉庫管理に強みと実績を持っている。

NEC
新事業推進本部RFID事業推進部
nec-smartindustry@solution.jp.nec.com

株式会社シノジャパン
TEL:03-5408-8768

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集