アテナ工業/リスパック製のコンビニの容器製造販売で訴訟

2012年05月01日 

アテナ工業は5月1日、リスパック(岐阜市)で製造、販売している容器がアテナ工業の特許を侵害しているものとして、東京地方裁判所に4月27日に訴訟を起こしたと発表した。

訴訟内容は、コンビニエンスストア用の容器に使用されているリスパック製カップの製造販売の差し止め、および損害賠償の請求。

アテナ工業によると、特許を取得した食品容器を大手メーカー向けに納品しており(特許取得2011年4月22日)、特許内容は、容器の開封性の向上を低コストで実現したもの。

リスパックで製造、販売している容器は、この特許の権利範囲に抵触するとして、昨年来より警告書を発して侵害行為の停止を求めていた。

しかしながら、同社は依然として権利侵害品の製造、販売を続行しているので正式な裁判によって解決を図るべく今回の提訴に踏み切った。

最新ニュース

物流用語集