プロロジス/兵庫県尼崎市にMonotaROの専用物流施設、4.4万㎡開発

2012年05月21日 

プロロジスは5月21日、兵庫県尼崎市のMonotaROの専用物流施設として「プロロジスパーク尼崎3」の賃貸契約を締結したと発表した。

<完成予想図>

「プロロジスパーク尼崎3」は尼崎市に本社と既存の物流拠点を構えているMonotaRO の業務拡大に伴う物流施設拡張ニーズに応えて開発するもので、2012年11月に着工し、2013年9月竣工の計画

開発予定地は、関西の湾岸部の主要物流拠点エリアである兵庫県尼崎市、阪神高速道路・尼崎西インターチェンジより約1km、名神高速道路・尼崎インターチェンジより約5.4kmの地点に立地する計画であり、関西圏の主要な高速道路へのアクセスに優れていることに加え、大阪市および神戸市中心部にも至近なことから、非常に利便性の高い物流拠点として開発する。また、阪神電車出屋敷駅より約210m と通勤にも至便な立地である。

施設計画概要では、約2万㎡の敷地に地上4階建、延床面積約4万4000㎡の施設として計画されている。各階に大型車両が直接アクセスできるランプウェイを設けることで、より効率的なオペレーションを可能としている。

■「プロロジスパーク尼崎3」計画概要
名称:プロロジスパーク尼崎3
所在地:兵庫県尼崎市西向島町75-1
敷地面積:約1万9972㎡
計画延床面積:約4万3962㎡
構造:地上4階建
着工予定:2012年11月
竣工予定:2013年9月末

最新ニュース

物流用語集