ロックオン/ECオープンプラットフォームに最新版発表

2012年05月31日 

ロックオンは、ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」にプラグイン機能を実装した、最新版「EC-CUBE2.12」を発表した。

利用者は、集客・物流などのサービス連携や各種機能カスタマイズについて、個別に開発することなく、プラグインをインストールするだけで、「EC-CUBE」本体に追加できるようになった。

Eコマース事業者はリニューアルした「EC-CUBE」オフィシャルサイトにおいて、無料でプラグインの配布を行えることから、低コストで新しいビジネスを展開することが可能。

既にEvernote Corporation・日本マイクロソフト・佐川急便、StrapyaNext・アラタナなど、多方面からプラグイン提供や技術支援を得て、「EC-CUBE2.12」リリースと同時に52個のプラグインもリリースされることになった。

物流関連では、らくらく在庫連携プラグイン(グリニッジ)、佐川急便e飛伝II連携プラグイン(佐川急便)、ネクストエンジン連携プラグイン(StrapyaNext)、モール連動プラグインRobot-in(ハングリード)、はぴロジASIMS連携プラグイン(ブレインウェーブ)、クロネコヤマト送り状発行ソフトB2対応プラグイン(ボクブロック)がリリースされた。

■EC-CUBE2.12
http://www.ec-cube.net/product/info_2_12.php

問い合わせ
ロックオン 
担当:村上
support@ec-cube.net

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集