北九州市/モーダルシフト推進補助制度

2012年06月21日 

北九州市は6月18日、「モーダルシフト推進補助制度」の受付を開始した。

北九州港を利用したモーダルシフト(貨物トラック等から内航コンテナ、フェリー、鉄道等環境に優しい輸送手段への転換)に対して補助金を交付することで、運輸・物流部門でのCO2削減を推進し、環境未来都市・北九州市を広くPRするとともに、北九州港の利用促進を図るものとして誕生した。

補助対象者は北九州港を利用し、かつ北九州港の利用促進につながる輸送であること、2012年4月1日以降に新規にモーダルシフトを行うこと、CO2の削減が見込まれることの3つをすべて満たしているものとなる。

募集期間は7月31日までで、補助金額は12ftコンテナ(1個につき1000円)、20ft(1500円)、40ft(3000円)、フラットラック(3000円)、トレーラー・バン車(3000円)。補助上限は、申請事業1件に対し300万円。

実施要項と申請様式は下記URLを参照。
http://www.kitaqport.or.jp/jap/topics/modal_boshu.html

問い合わせ
北九州市港湾空港局
物流振興課
担当:棚村、相良
TEL:093-321-5941

最新ニュース

物流用語集