国際物流総合展2012/来場13万人目指す、出展1割増

国際物流総合展事務局は7月20日、「国際物流総合展2012」の概要を発表した。

<国際物流総合展2012のポスター>
20120720butsuryuten11 - 国際物流総合展2012/来場13万人目指す、出展1割増

東京ビッグサイトで9月11日から14日の4日間にわたって開かれる。出展企業は402社、1581小間と前回より約1割の増加となっている。

<国際物流総合展2012事務局の徳田雅人事務局長(左)と昼間祐治実行委員長>
20120720butsuryuten21 - 国際物流総合展2012/来場13万人目指す、出展1割増

国際物流総合展2012事務局の徳田雅人事務局長は「厳しい産業界の状況下、ますますサプライチェーンとロジスティクスの重要性が再認識されている。今回は出展企業が増加し、入場者数は13万人を目指す」と説明した。

昼間祐治実行委員長は「3.11の後、物流の果たす役割は高まっている。モノがあっても、モノが届かない状況がいかに大変な事かがよくわかった。さらに、グローバル化を迎え、海外での生産拡大から、世界の中での物流を考えることが、重要」と語った。

テーマは「ロジスティクスの新たなステージへの挑戦~人・社会・地球のために~」。それに合わせて、新機軸として3つの集中展示コーナーを設けている。

一つが「スマート・トラフィック~次世代を担う陸上輸送」コーナーで、環境に配慮した商用車やサービス、また安全に配慮した輸送周辺技術等を展示する。

次に「拠点進出ソリューション~企業の発展をサポートする~」コーナーでは、立地環境から物流サービスまで、拠点計画を進める上で必要不可欠な情報を企業・自治体等が提案する。

「環境にやさしい包装システム」で、省エネ・省資源・再利用をキーワードに、包装の最適化・破損削減・コスト削減を提案する。

入場登録料は1000円だが、ホームページより事前登録した場合と、招待状を持っている場合は無料となる。

■国際物流総合展2012ホームページ
http://www.logis-tech-tokyo.gr.jp

問い合わせ
国際物流総合展事務局
日本能率協会
TEL:03-3434-0587

日本ロジスティクスシステム協会
TEL:03-5484-4021

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集