LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱商事/東南アジアで物流施設・商業施設開発

2012年09月24日/物流施設

三菱商事は9月24日、シンガポールのセムコープ社と東南アジアで都市開発を行う戦略提携契約を結んだと発表した。

<ベトナム・シンガポール工業団地事業ハイフォンにおけるタウンシップ開発>
20120924mitsubishi - 三菱商事/東南アジアで物流施設・商業施設開発

両社は、セムコープ社が持つ工業団地開発のノウハウに、三菱商事が持つ住宅・物流施設・商業施設等の開発機能や、幅広い産業を事業領域とするグローバルネットワークの強みを融合。

2015年のアセアン経済統合を見据えて、製造拠点や事業所等の進出が加速すると考えられる東南アジアにおいて、タウンシップ開発事業を展開していく。

なお、三菱商事は、セムコープ社の代表的事業であるベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)に、1996年当初から参画。

東南アジアの中でも製造業拠点として注目度が高いベトナムにおいて計5か所の工業団地(開発面積合計約6000ha、東京都大田区とほぼ同じ面積)を手がけ、これまでに465社(うち日系企業104社)の物流・製造業を中心とする企業が進出している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース