TNTエクスプレス/モンテネグロ向けサービスを追加

2012年09月24日 

TNTエクスプレスは9月24日、新たにモンテネグロ向けのサービスを追加し、欧州のロード配送ネットワークを拡張したと発表した。

新サービスは、モンテネグロの首都であるポドゴリツァに向けて週2便運行し、TNTエクスプレスの
日付指定とドア・ツー・ドアのエコノミー・エクスプレスサービスを拡充する。

通関手続きとリアルタイムの追跡サービスが利用可能で、モンテネグロと欧州域内の配送時間は、距離に応じて2日から6日となる。

輸送工程は、モンテネグロ向けの貨物・小包を、セルビアのベオグラードの保税倉庫を拠点に配送し、ルーマニア西部のティミショアラを経由して、TNTエクスプレスの欧州ロード・ネットワークに接続する。

ベオグラードとモンテネグロの首都ポドゴリツァの間(470km)をトラックで10時間から12時間かけて輸送する。

アルバニア、マケドニア、ベラルーシ、モルドバに続き、モンテネグロ向けのサービスを追加したことで、同社の欧州ロード・ネットワークの対象地域は40か国に拡大した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集