日本政策投資銀行/産業ファンドの物流施設を環境対応で認証

2012年10月04日 

日本政策投資銀行は10月5日、産業ファンド投資法人が保有する物流施設(IIF越谷ロジスティクスセンター、IIF野田ロジスティクスセンター)に対し、DBJ Green Building認証したと発表した。

<IIF越谷ロジスティクスセンター>
20121004nihonseisaku1 - 日本政策投資銀行/産業ファンドの物流施設を環境対応で認証

<IIF野田ロジスティクスセンター>
20121004nihonseisaku2 - 日本政策投資銀行/産業ファンドの物流施設を環境対応で認証

対象は、IIF越谷ロジスティクスセンター、IIF野田ロジスティクスセンター。

評価では、太陽光発電やLED照明の採用等、多くの環境配慮・省エネの技術を取り入れている点、非常時の通信手段確保の観点から、同法人が保有する全物件についてポータブル蓄電池を設置する等、防災対策を積極的に進めている点。

IIF野田ロジスティクスセンターについては、免震構造を採用することで、テナント満足度を一層高めている点、等を高く評価した。

結果、両施設とも、「極めて優れた環境・社会への配慮がなされた物流施設」として「Gold 2012」の認証を付与したもの。

■IIF越谷ロジスティクスセンター概要
住所:埼玉県越谷市流通団地4-1-1
敷地面積:約8582㎡
延床面積:約9688㎡
竣工:1985年9月
階数:地上3階

■IIF野田ロジスティクスセンター概要
敷地面積:約2万6552㎡
延床面積:約3万8828㎡
竣工:2006年3月
階数:地上4階

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集