楽天/2014年初旬、千葉県市川市に物流拠点を開設

2012年11月06日 

楽天は11月6日、2014年初旬を目処に、千葉県市川市に新物流拠点RFC(楽天フルフィルメントセンター)を開設すると発表した。

物流サービスの機能強化と規模拡大を目的に整備するもので、施設は、物流施設プロバイダーのGLプロパティーズと三井不動産が共同開発中のマルチテナント型物流施設(仮称)市川塩浜プロジェクトに設ける。

延床面積は約4.2万㎡で、楽天市場をはじめとしたEコマース事業で、東日本をカバーする物流の戦略的拠点として運営する。

楽天が子会社化を予定しているフランスの物流事業者ADS社がもつ業界最高レベルの技術、ノウハウの導入して、Eコマースビジネスの物流に関する全工程を最適化し、楽天市場の出店店舗に対する総合フルフィルメントサービス「楽天スーパーロジスティクス」のサービス品質も向上させていく。

楽天は、2010年に初めて市川市にRFCを開設し、2013年には新たに兵庫県川西市にも物流拠点を開設する。

なお、(仮称)市川塩浜プロジェクトの施設全体は、延床面積約121,000㎡の5階建てマルチテナント型物流施設で、2012年12月着工、2013年12月竣工の予定。

■千葉県市川市の新物流拠点の計画概要
所在地:千葉県市川市
賃貸面積(予定):約4万2000㎡
開設時期(予定):2014年初旬

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集