LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





スクロール360/食品EC拡大へ 東京と千葉にコールドセンター開設

2024年06月20日/物流施設

スクロール360は6月20日、食品EC物流に対応した冷凍冷蔵・定温倉庫の拠点として、コールドセンターを東京都江東区と千葉県市川市に開設したと発表した。

北海道の「千歳センター」、静岡県の「東海コールドセンター」に続き、関東エリアに拠点を拡大したかっこう。

<東京と千葉のコールドセンター>20240620scroll1 - スクロール360/食品EC拡大へ 東京と千葉にコールドセンター開設

「東京コールドセンター」「千葉コールドセンター」の特長は、冷蔵、冷凍、定温、常温の4温度帯で保管・ピッキング・梱包・出荷ができること。

厳格な温度管理が求められるワインや、アイス、スイーツ、海産加工物、おせち、レトルト食品など、あらゆる食品商材に対応してきた実績を活かす。

EC通販に特化した庫内オペレーションも特長。アソート加工やラッピングなどのギフトに対応するほか、お中元・お歳暮、年末年始など季節による物流の波にも対応する。

チラシを同梱したり、ラベル貼り・組み立てなどの流通加工をしたりすることができ、商品ごとに入庫日起点・賞味期限起点で出荷期限を管理することもできる。

<食品EC物流の拡大に対応>20240620scroll2 - スクロール360/食品EC拡大へ 東京と千葉にコールドセンター開設

関東エリアへ拠点を拡大する背景には、冷凍食品の需要の高まりとともに、市場のEC化がある。かねてEC・通販事業者から冷凍冷蔵食品に関する問い合わせが多く寄せられていたという。

スクロール360は、今後も食品EC物流に特化した冷凍冷蔵倉庫の拠点を拡大する方針で、マテハン導入やアライアンス企業との連携強化を進め、食品EC事業者向けサービスを拡充していきたいとしている。

■施設概要
名称:東京コールドセンター、千葉コールドセンター
所在地:東京都江東区、千葉県市川市
面積:両センター合計 1万3355.37m2(約4140坪)
温度帯:冷蔵、冷凍、定温、常温

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース