積水化成品工業/タイの新工場、3月稼働

2013年01月16日 

積水化成品工業は1月16日、タイに建設中だった工場が3月から生産を開始すると発表した。

新工場は、発泡スチロールや高機能発泡プラスチックスの成形品の生産を行い、将来的には、発泡プラスチックス成形品だけでなく、中核事業である発泡シート商品の生産などを視野に入れ、多種多様な商材をタイ市場へ供給するとしている。

■タイ新会社の概要
称号:Sekisui Plastics (Thailand) Co.,Ltd
本社所在地:NO.496-502, Amarin Plaza Building,18th Floor, Phloenchit road,Lum Phini Sub-district, Pathum Wan District, Bangkok Metropolis
登録資本金:1億5000万バーツ(約4億2300万円)
株主:積水化成品工業80%、Sekisui Plastics S.E.A.20%(積水化成品工業100%子会社)
従業員:2013年度55人(予定)
工場所在地:HEMARAJ SARABURI INDUSTRIAL LAND
主要設備:成形機6台(市場の状況により増設を計画)
設備能力:約60トン/月(当初は50トン/月を予定)
生産開始:2013年3月予定
販売計画:2013年度5億バーツ(約14億1000万円)仕入販売含む
主要顧客:日系および外資系の自動車メーカー、家電メーカー、小売店、他

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集