スズキ/ミャンマーに生産販売子会社設立

2013年02月06日 

スズキは2月6日、ミャンマーに四輪車生産販売子会社の設立手続きに入ったと発表した。

2010年より休止しているミャンマーでの四輪車の生産について、生産再開をめざして新会社設立の認可申請を行なっていたが、1月31日にミャンマー政府から認可がおりたため。

スズキ・ミャンマー・モーターは、旧ミャンマー・スズキ・モーター(2010年に休業)が四輪車生産を行っていたヤンゴン市内の既存工場で、小型トラック「キャリイ」の生産を行う予定で、経済の自由化とともにインフラの整備が進むミャンマーで今後四輪車の生産販売を拡大していく計画、としている。

■スズキ・ミャンマー・モーター概要
社名:Suzuki (Myanmar) Motor Co., Ltd.(スズキ・ミャンマー・モーター社)
所在地:ミャンマー連邦共和国・ヤンゴン
設立認可取得日:2013年1月31日
資本金:700万米ドル(スズキ出資比率100%)
四輪生産車種:キャリイ
生産開始月:2013年5月(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集