ジヤトコ/メキシコに205億円投じ、第二工場建設

2013年02月06日 

ジヤトコは2月6日、メキシコのアグアスカリエンテス州に年産約40万台規模の第二工場を建設し、2014年夏からの生産開始すると発表した。

投資額は205億円で、第二工場をメキシコ日産の新工場と同じ敷地内に建設し、土地面積は30万㎡、建屋は5万1000㎡の規模。

立ち上がりに年間生産能力は約40万台、同社の最新型CVTであるJatco CVT8を生産する予定で、工場の一部で2016年からダイムラーからのライセンスを受けたATを生産し、日産とインフィニティに供給する。

メキシコでの年間生産台数は2012年には80万台まで拡大し、累計生産台数は380万台に達している。

2013年までに生産能力を130万台まで拡大する計画を進めていたが、第二工場と合わせたジヤトコメキシコでの生産能力は2016年度には年間約170万台となる予定で、第二工場稼動に伴い、従業員数も現在の2200人から1000名増加し3200人となる計画。

最新ニュース

物流用語集