沖電気、ヤマトシステム/ICT資産管理クラウドサービスを連携

2013年02月21日 

沖電気工業(OKI)とヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発(YSD)は2月21日、ICT資産の導入や運用業務を受託するLCMサービスで、2013年1月の販売提携に続き、両社が持つICT資産管理のクラウドサービスを連携し2月21日より提供開始すると発表した。

OKIの「EXaaS ISM」とYSDの「PCLC-WEB」を共通のIDで利用できるように専用ポータルサイトを用意するほか、OKIのサービスで自動収集するインベントリ情報をYSDが提供するWEB上の資産管理台帳に自動で取り込めるようにするなど、両社のサービスを一元化し、企業のシステム管理部門の導入・運用負担を軽減する。

販売計画では、PC500台で利用する場合の1台あたりの標準月額の場合月額600円(税別)で、売上げ目標は2016年度までに両社合わせて15億円を目指す。

■問い合わせ
沖電気工業 
ソリューション&サービス事業本部
https://www.oki.com/cgi-bin/inquiryForm.cgi?p=114j

ヤマトシステム開発 
PCライフサイクル事業部
TEL:03-6333-0220
https://www.nekonet.co.jp/inquiry/pc-life-cycle_form.html

最新ニュース

物流用語集