伊藤忠商事、雪印メグミルク/インドネシアにチーズ製造工場

2013年06月04日 

伊藤忠商事、雪印メグミルク、PT RODAMASの合弁会社が6月3日、インドネシアでプロセスチーズの製造工場を竣工し、稼働を開始した。

工場はジャカルタから東方へ約40㎞離れたジャバベカ工業団地内で、大消費地へのアクセスに優れている。日系企業として初めてインドネシアに設立するプロセスチーズの工場となった。

雪印より技術者を派遣し、同社が培った高度な製造と品質管理のノウハウを導入して、「おいしいチーズ」を消費者へ提供していくとしている。

■合弁工場の概要
所在地:インドネシア共和国 西ジャワ州ブカシ県
敷地/建物面積:1万㎡ / 約3200㎡
生産能力:約2000t / 年
ライン数:1ライン
従業員数:45名

最新ニュース

物流用語集