商船三井/船体後半部が沈没、1700本のコンテナも海没

商船三井は6月27日、曳航準備を進めていたコンテナ船「MOL COMFORT」の船体後半部が同日午後4時48分頃、沈没したと発表した。

沈没地点は、北緯14度26分/東経66度26分付近の公海(水深約4000m)で、後半部には約1700本のコンテナが積載されており、船体とともに海没したが、一部コンテナが付近を浮遊していることが確認されている。

燃料油ほか油類約1500トン(推定)がタンク内に残っていたが、現在まで、現場海域には、多量の油の流出は確認されていないという。

同社はこの事実をインド当局に連絡するとともに、引き続き監視船を現場に留め、油の流出の有無、浮遊コンテナの状況を監視している。

なお、船体前半部は引き続き安定して曳航されている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集