日通/中国陝西省西安市の総合保税区に新会社

2013年07月18日 

日本通運は7月18日、香港日本通運が陝西省西安市の西安総合保税区内に、日通国際物流(西安)を開設したと発表した。

中国国内で加速している沿海部から内陸部への製造拠点シフトにあわせて、同地域に第二の拠点を開設することによって、西安発着の国内輸送、保税物流機能を組み合わせたより高品質な物流サービスを提供することが可能となる。

中国日通西安支店は主に国際フォワーディング、国内輸送、引越業務を行い、今回設立する西安日通は保税ロジスティクス業務を行う。

5月に西安市で開催された第七回陝西省人民政府国際高級顧問会議において、日通は日系物流業者として初の国際高級経済顧問に選任され、今後も地方政府との関係を強化し、スムーズな物流構築に貢献するとしている。

■新拠点の概要
名称:日通国際物流(西安)
住所:中国陝西省西安市西安国際港務区港務大道88号A2-9
倉庫:4307.35㎡

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集