LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/ウルグアイLNG FSRUプロジェクトに参画

2013年10月04日/国際

商船三井は10月4日、ウルグアイでLNGの受入基地の中核となるFSRU(浮体式LNG貯蔵再ガス化設備)1隻の長期貸船契約を締結したと発表した。

ウルグアイ・ガスサヤゴ社が主導するウルグアイ・モンテビデオ港内でのLNG受入プロジェクトで、基地の建設・保有・運営を請け負うGDF Suez S.A.社の子会社との間で締結したもの。

FSRU事業へ本格的な参画で、商船三井が単独でFSRUの建造・保有・操業を行うプロジェクトはこれが初めて。

プロジェクトに投入されるFSRUは263,000m3のLNG貯蔵容量を備え、FSRUとしては世界最大となる。韓国・大宇造船海洋で建造し、2016年9月に竣工後、ウルグアイに回航され、2016年11月より操業を開始する。

FSRUは、従来の陸上受入基地に比べ低コスト、かつ短期間に受入体制を整える有力なソリューションとして2005年に実用化されて以降、世界各地で導入計画が進んでいる。

■FSRU概要
全長:345.00m
全幅:55.00m
LNG貯蔵能力:26万3000立方メートル
再ガス払出能力:5億4000万立方フィート/日(LNG換算 約1万900トン/日)
係留方式:桟橋係留方式

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース